• Home
  • 院長紹介
  • クリニックご案内
  • 認知症診療
  • メンタルケア外来
  • お知らせ

認知症診療

診断について

認知症といっても原因疾患としては70種類以上あると言われております。
ものわすれ=アルツハイマー病ではなく、なかには治る認知症といわれる正常圧水頭症なども含まれており、その原因をしっかり見極め、診断することが重要です。
認知症診断については、多数の症例を経験してきた「カームメディカルクリニック広尾」に安心してお任せください。

中核症状(ものわすれ)に対する治療

認知症の過半数を占めるといわれるアルツハイマー病において、症状の中心となる「ものわすれ」の進行に対して、正しい薬物療法を行うことにより、その進行は明らかに抑制することができます。
薬物調整については大雑把な指針は出されているものの、確立されたものは現時点においてはありません。しっかりとした治療を行えば、数年以上ものわすれの進行抑制をすることが可能な人もいます。
つまり適切な薬剤と適切な増量時期を患者様1人1人に対してみつけ、適切な治療を提供する必要があります。

行動・心理症状に対する治療

認知症には周辺症状といわれる症状をきたすことがあります。抑うつ状態や幻視、物盗られ妄想などの妄想や、怒りっぽくなったり、徘徊など、あらゆる精神症状を認める可能性があります。
これらの症状も適切な薬物療法で改善する可能性があるものです。つまり早期からみなさんがどのような環境でどのような表情で生活をしているかといったことを把握しておく必要があります。

ご本人が住み慣れた地域、施設で安心して過ごせるように、身体科のかかりつけ医や施設、在宅サービスの担当者とも連携し、認知症の診察やご家族のご相談に応じています。
「カームメディカルクリニック広尾」院長は基幹型認知症疾患医療センターで病棟の責任者としてさまざまな治療経験、また抗認知症薬の臨床研究に長年携わってまいりました。その経験を活かした認知症専門医療を提供させていただきます。

専門医が診察することで、ご本人の適切なケアに結び付くことがあります。
認知症かわからないが、最近ものわすれが気になるという方もお気軽にご相談ください。

「カームメディカルクリニック広尾」は有料ホームなどの施設入所者への診療も行っております。
詳しくは施設職員の方に相談していただき、施設の職員さまから医療連携担当までご連絡ください。
診療科目

精神科、心療内科、
老年精神科、内科

診療受付時間

月曜日〜土曜日
完全予約制の為、お電話でご予約の上ご来院下さい。

休診日
日曜日、祝祭日

交通のご案内

地下鉄日比谷線「広尾駅」
2番出口から徒歩3分

Googleマップ